Recipe:サツマイモの甘味を引き出す とろっとろ焼きイモ| LIM-CLASSO | 東京・築地を拠点に個人宅向けのお野菜の宅配BOXと飲食店さまなど向けのお野菜の業務卸やってます♪ 無農薬・無化学肥料で栽培された農家さんの気持ちのこもったお野菜をたくさん扱っております。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook
Simple>サツマイモの甘味を引き出す:とろっとろ焼きイモ
■ 材料
  サツマイモ (ご購入はこちらから!
  蓋付きの鍋 (無水鍋の方がよりとろっとろとなりオススメです。)



1.サツマイモを洗って、乾かさずにそのまま鍋にれます。
  蓋をして「極とろ火」で1時間火にかけます。
  ※ 無水鍋で調理するとより、とろっとろになります。
  ※ 小さい火口がある場合はそちらをご利用ください。

 


2.1時間経ったら蓋を開け、サツマイモを裏返します。
  蓋をして「極とろ火」のまま、また1時間火にかけます。
  蓋を開けるとサツマイモの柔らか~くて甘~いニオイが
  してきて、だいぶ幸せです♪
  ※ 無水鍋ではない場合は焦げやすいので、火にかける時間を変えずに、
  裏返す時間を30分くらいでご調整ください。

 


3.1時間経ったら火を止めて、そのまま余熱で1時間
  放置してください。
  ここが「おいしくな~れ!」のポイントです。
  1時間経ったら出来上がりです!
  ※ 「2.」に比べてサツマイモに「シワ」がたくさんできています。

 


~ POINT ~
サツマイモは70℃~80℃になると自ら甘味成分を作り出します。
だから、この温度帯の時間を長くするために「極とろ火」での調理をオススメしています。
出来上がった焼きイモを凍らせて、常温で1~2時間おいておくと、サツマイモアイスにもなりますよ!
 
※ オーブンレンジで調理の場合はサツマイモをホイルでくるみ、100℃で1時間 → 160℃で1時間 → 余熱で1時間がオススメです。